つぶやき

FJK < > Reload

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おイヌさま」は、以下の3つのブログランキングに参加しています! 日本ブログ村シーズー犬ランキング FC2ブログランキング 犬 人気ブログランキング 犬

1日1回3つともClickしてくれるとうれしょんモノです♪(・∀・)♪応援してくださいね。

見送る勇気 2013.03.07


一般的に言うワンの寿命って、今は大型犬なら10歳前後・小型犬なら13歳前後ってとこでしょうか。当たり前のことだけど「人」より寿命が短いわけですから、オーナー側によっぽどのことがない限り、いつかはオーナーがワンを見送ることになりますよね。

いつか来るその日。
当たり前のことだけど、命ある生き物には必ずその日が来る。
んなこたーわかってるけど、自分のワンがいつか突然いなくなるだなんて、考えられないし考えたくもない。私だって、悪性リンパ腫の治療中でさえそんなこと殆ど考えてませんでした。あの時は、負け戦をする気なんかサラッサラなかったし。

シーズー犬

だけどふーちゃんが15歳になって以降は、刻々と近づいてくる「その日」を意識することが多くなりました。老化という治療することのできない症状がどんどん出始めていたから。
もう、その日はそう遠くはないのだろうなぁ…と思っているうちに、見送る心構えというか…送り出す勇気?みたいなものをそろそろ持たないといけないなと思うようになって。そしたら、せめてその日は「こうでありたい」という思いがどんどん強くなっていったんです。

その時その瞬間には、そばについててあげたい。

前から漠然とは思っていたけど、それがどんどん強くなっていった。だけど、仕事があるのでそう上手くはいかないだろうとずっとモヤモヤしてたんですよね。それが、過去記事「旅立ちの心構え」で書いたカナダの友人の話を聞いた時、心の中でモヤモヤしていた思いがストンとどこかに収まったような気がしたんです。なんだなんだ、と思って後からよく考えてみたら、ああ私は、例えしたくはない決断をしてでも、ふーちゃんの旅立ちを見送りたいと思ってるんだなってことに気が付きました。

シーズー犬

これがいいとか悪いとか、その議論はNヤン以外とはしたくありません。ただ、このことに限らずふーちゃんと16年一緒にいた私とNヤンが、ふーちゃんのためにしたいと思ってしてきた全てのことは、ふーちゃんにとってもベストなことであったと、いつか心からそう思える日が来るといいなと思っています。まだ全部が全部をそう思うことは出来ないけども。

結果、決断しなくても見送ることができました。私はね。
でもNヤンは見送ることが出来なかった。その時のことは何も言わないけど、家を出る時のNヤンがどんな気持ちだったかって考えるだけでもうあ゛ーーー。
ちなみに、1日前ならNヤンも一緒に見送れた。逆にあと2日3日遅かったら…もう何もかも全然違っていたはずなんです。

生き物ですからね。いつか必ず旅立つことになるので「送る勇気を持つ=諦める」ではないと思うんですよ。私の場合の話ですけど、私自身は送る勇気を持たなきゃって思い始めてから、その時にどうしたいのかがはっきりと自覚できるようになったので、それについてはよかったなと思っています。

おイヌさま」は、以下の3つのブログランキングに参加しています! 日本ブログ村シーズー犬ランキング FC2ブログランキング 犬 人気ブログランキング 犬

1日1回3つともClickしてくれるとうれしょんモノです♪(・∀・)♪応援してくださいね。

Secret

TrackBackURL
→http://berafjk.blog15.fc2.com/tb.php/236-9991392e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。