つぶやき

FJK < > Reload

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おイヌさま」は、以下の3つのブログランキングに参加しています! 日本ブログ村シーズー犬ランキング FC2ブログランキング 犬 人気ブログランキング 犬

1日1回3つともClickしてくれるとうれしょんモノです♪(・∀・)♪応援してくださいね。


2009年3月5日、ふーちゃん12歳。

この写真は、悪性リンパ腫の診断が確定された翌朝で
初めての抗がん剤投与のため、病院へむかう時のものです。

シーズー犬

心なしか不安そうに見えるけど、私の不安が伝わってたのかな。
この時の心境はよく覚えてます。この日の前日に診断が確定し、今後どうするかをすぐに決めなきゃいけなかった。

悪性リンパ腫は、手術することも完治させることもできない病気。ふーちゃんの場合は放っておけば余命2ヶ月前後と言われ、前日の全身検査の後、先生から3つの選択肢を提示されてました。


治療しない
自然に任せる。残された日々を通院や投薬に使わず、家族で大切に過ごす。その場合、病気の進行状況にもよるが余命1~2ヶ月前後だと思ってほしい。希望があればもちろん対処療法は可能。

ステロイド剤の投与
抗がん剤に比べると効果は劣るが、数か月の延命は期待できる。投薬による苦痛や副作用はほとんどなく費用の負担も少ない。但し、年単位での生存は難しい。病気による苦痛と費用の両方を抑えながら穏やかに、と考えるならこの方法。

抗がん剤の投与
複数の抗がん剤を1週間~10日間隔で投与。1クール全20回程で約5ヶ月。通院の手間や費用負担(30万前後)も大きい。副作用の問題及び薬への耐性がついてしまうと効果が望めない場合もあるが、うまくいけば1年生存率は50%、2年生存率は20%前後。

もっと丁寧に教えてくれましたが、簡単に言うとこんな感じ。
さすがに言われてすぐには決められなくて、一晩考える時間を貰いました。でもね、時間を貰ったところで、抗がん剤投与以外を選ぶっつーことは、「近々見送る覚悟」をするのとほぼ同じ。
多くのオーナーさんが迷い苦しむところがココです。

覚悟?できるわけないぢゃん(-"-)

私の頭に浮かぶのはそればっかりでした。

この頃のふーちゃんの状態は、たま~に原因不明の失神があって心配してたけど、それ以外は元気いっぱい。12歳にしては見た目も若いと思ってた。そこへ、あまりにも突然の診断と余命宣告。病気だという実感もないのに、旅立ち前提の暮らしなど想像も出来なかったです(涙)

どうせやるなら1日でも早い方がいいに決まってる。
ええいっ!
迷ってるくらいなら始めてしまえ!

やりながらでも考えられる。もし考えが変わったら、その時にやめればいいって思いました。

というわけでこの日、先生と再度じっくりお話してから腹を決めて抗がん剤投与をお願いしました。
初投与は経過観察があるので1泊入院。今日はお返しできません。明日の朝お迎えに来て下さいと言われました。

いきなり入院かっ!

ふーちゃんの抗がん剤治療は、こうして始まったんですよ。

おイヌさま」は、以下の3つのブログランキングに参加しています! 日本ブログ村シーズー犬ランキング FC2ブログランキング 犬 人気ブログランキング 犬

1日1回3つともClickしてくれるとうれしょんモノです♪(・∀・)♪応援してくださいね。

Secret

TrackBackURL
→http://berafjk.blog15.fc2.com/tb.php/274-d20ed6ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。